心臓血管外科
 
  研修内容
 
  ステントグラフト内挿術
 
  右小開胸心臓手術
 
  診療内容
  冠動脈バイパス術
  
心臓弁膜症
  大動脈瘤
  
先天性心疾患
  
末梢血管疾患
  下肢静脈瘤
 
  心臓病の予防について
 
  よくある質問

 
 link
 





 

  
PDF形式をご覧いただくためには、 Adobe Reader が必要です。お持ちでない場合はこのボタンより入手して下さい。








心臓弁膜症
valvular disease of the heart


◆心臓弁膜症
   (しんぞうべんまくしょう)


ヒトの心臓は内部が4つの部屋(心房・心室)に分かれている。各部屋の出口には膜でできた弁があり、血液の逆流を防いでいる。この弁が何らかの原因によって硬化もしくは破損すると、血液の通過障害や逆流が起きる。これが心臓弁膜症です。


心臓弁膜の異常の総称が弁膜症です。心臓には4つの部屋があります。4つの弁のうち、「大動脈弁」と「僧帽弁」に多く起こる疾患です。
全身から心臓に戻ってくる酸素の少ない黒い血液(静脈血)は、まず部屋のひとつの右心房に入ります。ついで右心室という部屋に入り、肺に送られます。肺で酸素を取り込んで赤くなった血液(動脈血)は、左心房から左心室を経由して大動脈から全身に送られます。この血液の流れが一定の方向(一方通行)になるように各々の部屋の出口に扉があります。この扉が弁膜です。異常は弁の開きが悪くなり血液の流れが妨げられる「狭窄」と、弁の閉じ方が不完全なために血液が逆流してしまう「閉鎖不全」の2つですが、狭窄と逆流が同時にある場合もあります。

扉の動きが悪くなると出口が狭く(狭窄)なり、血液が通りにくくなります。扉が閉まらなかったり、壊れてしまうと逆流(閉鎖不全)が起こります。


異常の原因は色々ありますが、その原因により手術術式の選択、手術後の注意事項が少しずつ変わります。
悪くなった弁を切除して人工弁を同じ位置に縫着するのが弁置換術、悪い部分を修復するのが弁形成術です。

人工弁
生体弁 機械弁



弁置換術
 
 <大動脈弁狭窄症の人工弁を使用した治療方法例>


      
   
自分の弁を取り除いて新たに人工弁を植え込む手術です。人工弁には大きく分けて機械弁と生体弁の2種類があります。


僧帽弁形成術
悪くなっているところを切除し、周囲の組織を寄せて縫い合わせ、その後、弁輪形成します。



◆種類==============
1. 大動脈弁領域の疾患
・ 大動脈弁狭窄症
  左心室から大動脈へ血液を流す大動脈弁が狭まった病気。
・ 大動脈弁狭窄症
  大動脈弁が締まり切らない病気。
2. 肺動脈弁領域の疾患
・ 肺動脈弁狭窄症
  肺動脈弁が狭まった病気。
・ 肺動脈弁閉鎖不全
  肺動脈弁が締まり切らない病気。
3. 三尖弁領域の疾患
・ 三尖弁狭窄症
  三尖弁が狭まった病気。
・ 三尖弁閉鎖症
右心房から右心室へ血液を流す三尖弁が閉じている先天性の病気。
・ 三尖弁閉鎖不全症
右心房から右心室へ血液を流す三尖弁の閉鎖不全により血液が逆流する病気。
4. 僧帽弁領域における疾患
・ 僧帽弁狭窄症
  左心房から左心室へ血液を流す僧帽弁が狭まった病気。
・ 僧帽弁閉鎖不全症
  僧帽弁が締まり切らない病気。





     いわき市立総合磐城共立病院
     〒973-8555 福島県いわき市内郷御厩町久世原16
     TEL 0246-26-3151(代)/ FAX 0246-26-2224(総務課)