心臓血管外科
 
  研修内容
 
  ステントグラフト内挿術
 
  右小開胸心臓手術
 
  診療内容
  冠動脈バイパス術
  
心臓弁膜症
  大動脈瘤
  
先天性心疾患
  
末梢血管疾患
  下肢静脈瘤
 
  心臓病の予防について
 
  よくある質問

 
 link
 





 

  
PDF形式をご覧いただくためには、 Adobe Reader が必要です。お持ちでない場合はこのボタンより入手して下さい。








冠動脈大動脈バイパス移植術
coronary artery bypass graft


◆冠動脈大動脈バイパス移植術
   (かんどうみゃくだいどうみゃくバイパスいしょくじゅつ)


冠動脈の閉塞や狭窄などにより心筋への血流が阻害され、心臓に障害が起こる虚血性心疾患は、心臓の筋肉(心筋)への酸素供給量が低下し、需要量を下回ることによって起こる。心筋への酸素供給量が低下する原因の一つに冠動脈の狭窄、閉塞による血流量の低下が挙げられる。冠動脈大動脈バイパス移植術は狭窄した冠動脈の遠位側に大動脈(または内胸動脈)から血管をつなぎ、狭窄部をバイパスすることで血流量の回復をはかる手術です。


バイパス術模式図

手術は全身麻酔下で行われる。手術の手順としては、開胸、バイパスに使う血管(グラフトと呼ぶ)の採取、グラフトの冠動脈への縫合、グラフトの大動脈への縫合、止血、閉創となる。このうちグラフトに用いられる血管と、グラフトの冠動脈への縫合に関しては何通りかの方法があります。


常に動いている心臓に太さ数ミリメートルの血管を縫いつけるのは非常に困難である。そのためCABGには人工心肺装置による体外循環を使用し心臓を停止させて縫合を行うのが一般的であった。しかしスタビライザーという器具を用い心臓の表面を吸着し、縫合する部位のみ動きを止めることで心臓が動いている状態のまま手術することが可能となった。この方法を「オフポンプCABG(OPCAB)」といいます。

OPCABの利点は、人工心肺を使用しないことで人工心肺の副作用を回避できることである。また、動脈硬化がひどく人工心肺を使用できないような場合でも手術が行える。欠点としては心臓の動きを抑えることで心臓の働きが低下してしまうため、心臓の機能に余裕がない場合手術が行えないことや手術操作中に一時的に冠動脈の血流が減少し不整脈が生じる可能性があること、術者の技量が要求されることなどです。

当科では、より患者への安全を確保する為、人工心肺装置とOPCABの利点をいかした、ミニサーキットシステムを導入しています。

ミニサーキットシステムとは、人工心肺装置を小型化し、患者の負担をすくなくして、OPCABによる手術をいい、この手術方法は、国内では当科がはじめて行っています。






     いわき市立総合磐城共立病院
     〒973-8555 福島県いわき市内郷御厩町久世原16
     TEL 0246-26-3151(代)/ FAX 0246-26-2224(総務課)