いわき市立総合磐城共立病院 看護部

信頼される看護師を目指して


看護部ホームページMENU

チーム医療の推進

 当院は、多くの職員と連携と協力による「チーム医療」に取り組んでいます。チームは医師・看護師・薬剤師・検査技師・放射線技師・理学療法士・作業療法士・管理栄養士・社会福祉士・事務部などが それぞれの専門部分での経験や知識、技術を集約して、患者さんに最も適した最新の治療を提供します。

感染管理チーム(ICT)

 ICTは医師・薬剤師・看護師・検査技師・事務職員で構成されています。週1回のICTラウンドで院内の感染対策がマニュアル通り実施されているかを評価しています。結果を部署へ報告し、改善や相談に対応します。
 患者さんや来院者、職員を守るために感染対策の基本である手指衛生の方法(石けん液と流水での手洗いと手指消毒剤使用)と手指衛生のタイミングについて研修会などで院内教育しています。また、いわき地区感染対策カンファレンスを年4回開催し院外の感染対策相談を行い、地域全体のレベルアップにも貢献しています。

感染管理チーム紹介写真

NST褥瘡対策チーム

 NST褥瘡対策チームは、管理栄養、褥瘡予防・管理・治療促進ケアを目的に活動しています。メンバーは多職種(医師・歯科医師・看護師・薬剤師・管理栄養士・理学療法士・作業療法士・言語聴覚士・歯科衛生士)で構成され、毎週木曜日の午後に院内回診を行っています。 また、各病棟で実践的リーダーとなるリンクナース(NST褥瘡対策小部員)が回診に参加することで情報の共有や知識・技術の向上につながっています。NSTと褥瘡対策チームが協働することで、より総合的な取り組みができています。
*NST=栄養サポートチーム

NST褥瘡対策チーム紹介写真

緩和ケアチーム(PCT)

 全人的苦痛を持つがん患者さんとそのご家族のQOLの改善・維持の目的で、緩和ケアチームが介入しています。メンバーは、医師・看護師・薬剤師・管理栄養士・理学療法士・作業療法士・社会福祉士からなる11名です。 毎週金曜日が全員でのラウンドの日であり、全員でのディスカッション後、ラウンドに臨みます。その他の曜日は、担当となったメンバーがそれぞれ個人ラウンドをし、患者さんの状態や治療・ケアの確認等を行います。認定看護師はアロマセラピストの資格も有するため、ケアの一環としてアロマセラピーを取り入れ、喜ばれています。

緩和ケアチーム紹介写真