いわき市立総合磐城共立病院 看護部

信頼される看護師を目指して


看護部ホームページMENU

スペシャリストのお仕事

花の写真

認定看護師

 認定看護師とは、日本看護協会認定看護師認定審査に合格し、特定の看護分野において、熟練した看護技術と知識を用いて、水準の高い看護実践のできる者をいいます。 認定看護師の役割は、看護現場において実践・指導・相談の3つの役割を果たすこと により、看護ケアの広がりと質の向上を図ることに貢献することです。
 当院では、下記の認定看護師が活躍しています。

認定看護管理者: 1名
救命救急認定看護師 2名
感染管理認定看護師 1名
皮膚排泄ケア認定看護師 2名
がん化学療法看護認定看護師 1名
緩和ケア認定看護師 1名
新生児集中ケア認定看護師 1名
集中ケア認定看護師 1名
認知症看護認定看護師: 1名
小児救急看護認定看護師: 1名
摂食嚥下障害看護認定看護師: 1名
認定看護師の写真

認定看護師活動

●救命救急認定看護師

佐々木健一
(看護師長)
院内・院外ALS研修講師
呼吸ケアチームラウンド責任者
院内救急カート責任者
救命技術から危機的状況にある、患者さん及びご家族への、精神面の看護に至る幅広い救急看護領域の知識や技術を用い、救命術の実践や指導等の活動を行っています。

坂本織絵
(主任看護師)
院内・院外ALS研修講師
救急看護の対象は、多種多様な疾病・外傷・脳血管障害・中毒などを有したあらゆる年齢層の患者さんとそのご家族です。状況は時と場所を選ばず発生します。そのため、患者さんとご家族が安心して救急医療を受けることができるよう救命救急技術の実践や指導を通し、看護の質の向上に努めて参りたいと思います。

●感染管理認定看護師

林靖子
(感染対策室 看護師長)
ICTラウンド責任者
医療者が行う治療、処置、ケアなどに対して感染リスクの減のための防止策を提供します。目に見えない細菌やウイルスに対し、患者、家族、面会者と医療従事者を感染から守ります。

●皮膚排泄ケア認定看護師

國井久美子
(医療安全管理室 看護師長:褥瘡管理者)
井川奈津美
(看護師)

褥瘡ケア・ストーマケア・皮膚トラブルケア管理
皮膚排泄ケア認定看護師とは、創傷(手術後の創や、床ずれなど)・ストーマ(人工肛門・人工膀胱)・失禁のケアを専門とします。看護の質の向上と患者さんやご家族が望んでいることは何かを考えたケアの提供に心がけています。

●がん化学療法認定看護師

西山久美子
(外来化学療法室 主任看護師)
がん化学療法認定看護師は化学療法に伴う身体的・精神的・社会的問題について専門知識と技術を用いて患者様・ご家族への支援を目的に活動しています。
現在外来化学療法室に勤務しております。医師や薬剤師・ソーシャルワーカーなど他職種とも連携を図り、それぞれ合った対策を一緒に考え、支援していきたいと考えています。

●新生児集中ケア認定看護師

下谷さおり
(NICU 主任看護師)
NICUに入院する新生児は、早産での出生や先天的な疾患などのリスクを持っています。状態が安定して御家族の元に帰るために、 集中的な治療や看護を必要としています。より良い状態で退院を迎えられることを目指し、急性期から新生児とその御家族に対しケアを行っています。

●緩和ケア認定看護師

小野寺志保
(外来化学療法室 副看護師長)
IFA認定アロマセラピスト
医療リンパドレナージセラピスト(中級)
緩和ケアは、告知され治療が開始された時からスタートします。生活の質の維持・向上に向け、療養に伴う様々な苦痛に対応し支援をしていきます。また、がん看護に携わるスタッフの知識や技術が向上出来るように、講座の開催やリンクナース育成を実践しています。

●集中ケア認定看護師

小川久美子
(ICU 主任看護師)
現在ICUに勤務しています。当ICUには救急車で搬送されてくる重篤な方、侵襲の大きな手術をうける方が入院します。急性かつ重篤な患者に対する日常生活援助、早期リハビリテーション(呼吸ケア、廃用症候群予防など)を実践し、早期回復をめざしています。

●認知症看護認定看護師

藤本功
(主任看護師)
認知症の患者さんは、新しい環境に適応することや苦痛や不快など、自分の状況を上手に伝えることが苦手です。また、入院という環境の変化によって、一時的な不適応を起こすことも少なくありません。
そうした認知症の患者さんの「できにくいこと」をサポートし、「できること」を生かし、その人らしく過ごせるかかわりと、療養環境づくりをしていきたいと思います。

●小児救急看護認定看護師

渡邉純子
(救命救急センター 主任看護師)
小児救急看護は、こどもの健やかな成長発達のため、家族を含めて支援する役割を担っています。
こどもの病態の緊急性を迅速に判断し、根拠に基づいた看護を提供するとともに、日々の育児をご家族とともに考えサポートしていきます。

●摂食嚥下障害看護認定看護師

佐々木幸恵
(主任看護師)
摂食嚥下障害のある患者さんに対して、「食べる」権利を擁護しながら本人と家族の意志を尊重した看護を目指しています。
リハビリスタッフなど多職種で連携しながら、安全に食べるためにはどうしたら良いかを考え、リスク管理をしながら看護に努めています。



院内には、認定看護師以外にも様々な資格を持った看護師がおり、活躍の場を広げています!
患者さん・ご家族が安心して療養生活が送れるように支援します。

看護師資格イメージ図